無印良品の30cm菜箸について語ろうと思う。

スポンサーリンク

キジトラ猫のくろです。

 

みなさんお使いのお料理グッズに、定番にしていて使いやすい物って、あると思うんですよ。

炒めやすいフライパンだったり、安定感抜群のボウルだったり、スパッと小気味いい切れ味の包丁だったり。

 

うちが何度もリピート買いしていて、定番化しているのが、無印良品の30cm菜箸です。

お値段¥180(税別)。

素材は竹で、食洗機には残念ながら不対応。

でも、本当に使いやすい。

うちには常に10膳程、スタンバイしています。

 

f:id:kijitoraneko-kuro:20171030104512j:image

長さ

まず、30cmという長さ。

これがまた私の中ではジャストフィットで、これ以上長すぎても使いにくい、短くても菜箸としてどうなのっていう、まさに絶妙な長さ。

 

細さ

f:id:kijitoraneko-kuro:20171030104522j:image

お箸って、太すぎても使いにくいし、細すぎてもダメですよね。

私は女性の中でもかなり手が小さいですが(まじで)、そんな小さい手の私でもぴったりの細さです。

欲を言ってしまえば、もう少し細身に...とは思わなくもないですが、全然許容範囲。

ですので、普通の手の大きさの女性であれば、使いやすい細さですよ!

 

 

軽さ

竹という素材からして、軽いです。

調理中、さっと使いたい菜箸が重いなんて、私には考えられません。

軽いので、たまごのそぼろなどを作る際、この菜箸を一気に4本程持ってかき混ぜても、軽々です。

 

 

溝のない箸先

f:id:kijitoraneko-kuro:20171030104350j:image

無印良品の菜箸には、箸先に溝がありません。

ですが、食材をしっかりと摘むことができます。

揚げ物をした後の後片付けの際、箸先の溝に衣がくっついて取れにくいということもないので、扱いやすい♪

 

 

見た目

f:id:kijitoraneko-kuro:20171030104144j:image

見た目はブラウン一色のシンプルな菜箸なので、キッチンで使うだけでなく、テーブルで料理を取り分ける時に使っても全然オッケーだと思います!

 

 

f:id:kijitoraneko-kuro:20171030104156j:image

この菜箸の形は四角。

なので、丸い菜箸のようにコロコロと転がっていって落としてしまうというような事がないです。

ここも高ポイント。

 

 

まとめ

6つほど使いやすいポイントを挙げましたが、まぁほんとに使いやすいんですよ!

一度、¥100ショップの物と使いやすさを比較して頂きたい。

長さといい、太さといい、この無印良品の菜箸に敵う菜箸はなかなかない。

私は初めて使ってからあまりの使いやすさに感動し、もうずーっとこの菜箸をリピートしています。

おすすめですよー!

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク