生命保険会社外交員というお仕事のメリットデメリット

スポンサーリンク

f:id:kijitoraneko-kuro:20171020214036j:image

キジトラ猫のくろです。

 

かつて生命保険外交員のお仕事をしていました。

あなたの会社にもお昼休みとか訪問してませんか?

ああいった事ももちろんしてました。

大変そうだけどどういった仕事なの?給料は?とかその辺の事を書けたらなと思います。

 

 

どんなお仕事?

では生命保険会社外交員のおねいさんたちがどんなお仕事をしているのかお話しします。

 

契約の獲得

f:id:kijitoraneko-kuro:20171020214619j:image

メインはやっぱりこれ。

新規契約の獲得です。

担当する企業の方や地域の方、もしくは知人友人家族など、新しい契約を頂くのがメインのお仕事。

会社側も主力商品を売るように求めてきます。

当たり前か。

それ以外にも各保険会社で扱っている保険は年金保険だったりこども保険であったり様々ですが、とにかく新規の契約の獲得。

んで、時には保険加入時の審査に同行したりもします。

そして入社すると損害保険を扱える資格を取るように言われるのですが、資格を得ると、新規の自動車保険や傷害保険など、損害保険の新規契約の獲得という仕事も増えます。

 

契約の保全

ご契約頂いているお客様に何かあり、保険を使う場合のお手続きですね。

あと、証券の再発行だとか、契約者貸付を利用したいとか、そういったお手続きもします。

 

それ以外は?

生命保険の外交員って、研修が多いんです。

マナーもそうだし、ステップアップのための研修とか、損害保険の試験の研修とか。

そういったものにも参加しなくてはいけません。

あと、一緒にお仕事をしてくれる人を探す、とか。

そのためのイベントなんかもあります。

各営業部にはイベントに動員何人、みたいな目標もあります。

 

 

で、保険外交員を仕事にするメリットは?

毎月数字を追うハードな仕事ではありますが、メリットももちろんあります。

 

福利厚生の充実

大きな会社なので、福利厚生は充実しています。

会社によってはディズニーランドでの休憩施設の優待やUSJで施設の割引とかも。

 

時間の融通がきく

小さい子供がいると非常にありがたい。

予定を組むにしても、あらかじめ子供の予定を考慮しつつ訪問予定を組むことができるので、授業参観や懇談会、文化祭やバザーなどのイベントにも欠かさず参加することができます。

 

稼ごうと思えばいくらでも稼げる

固定給の部分もありますがほぼ歩合制なので、大きく稼ごうと思えばいくらでも稼げます。

ちなみに私がいた会社は、2年目までは固定給は10万ほどでしたが、3年目以降は超薄給です。

営業成績によって給料ランクや成績に対する手当も大きく変わってきます。

そして生命保険販売の成績とは別に、損害保険を扱うと、その手数料も給料に上乗せされて支払われます。

 

 

じゃ、デメリットは?

メリットもあればデメリットもあり。

 

成績が上がらないとマジで辛い。

特に、所属している組織の数字が上がってるのに自分だけ上がらないとか、まじで苦痛です。

その苦痛やプレッシャーに負けない強いメンタルが必要。

 

自腹も多々ある。

お客様にお渡しする粗品(タオルやボールペン)や成約いただいたお客様へのお礼、年末に配るカレンダー、年賀状など、自腹を着る場面もたくさんあります。

 

訪問先で謂れのないことを言われたりもする。

「カラダで成績あげてるんだろう」とか「邪魔なんだよ」とか言われることもありました。

は?ですよ。

 

 

まとめ

ハードな仕事ではあるし、大変な仕事でもありますが、それはどんな仕事でも同じこと。

それでも私は、生命保険の外交の仕事をしていて同僚やお客様に助けられ、よかった事やありがたかった事もたくさんあります。

そして小さい子供がいる場合、行事や病気などで休んだり仕事を抜けたりする際に、やる事をやっていれば周りに気を使う必要があまりないので気楽。

そこは大きな魅力でした。

 

 

生命保険の外交の仕事を検討されている方の参考になれば。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク