2018年の手帳決めました【1冊目】

スポンサーリンク

f:id:kijitoraneko-kuro:20171014212644j:image

キジトラ猫のくろです。

 

書店や雑貨屋など、あちこちで手帳売り場が盛況のようですね。

文具屋さんによると、今の時期が1番種類もサイズも豊富にあるそうですよ。

まだ準備していない方はぜひ♪

 

そんな中、私は手帳を買いました!

タイトルになぜ【1冊目】と入っている方いうと、毎年3〜5冊くらい買ってしまうから。

かわいかったり使いやすそうだとついかってしまうんですよねー。

 

では、2018年用の手帳【1冊目】をご紹介します。

 

 

NOLTY リスティ1

能率手帳から出ているもので、日経アソシエと共同開発した手帳です。 

 

 

能率 NOLTY 手帳 2018年 1月始まり ウィークリー リスティ1 キャメル 6506

能率 NOLTY 手帳 2018年 1月始まり ウィークリー リスティ1 キャメル 6506

 

リスティシリーズの大きさはA5変形です。A4の紙を三つ折りにした大きさ。

そして紙面は3.5mm方眼になっています。

リスティ1のウィークリーはバーチカルタイプ、リスティ2はレフトタイプです。

 

カバーの色は、書店にあるものは黒、そしてAmazon限定でブルーとキャメルもあります。

※2017年10月17日現在amazonではキャメルのみの販売となっているようです。

f:id:kijitoraneko-kuro:20171017102622j:image

私は黒にしました!

 

 

中身は...

表紙を開くとまず2017年から2020年までの4年間のカレンダー

f:id:kijitoraneko-kuro:20171017102746j:image

 そして2018年の年間カレンダー

f:id:kijitoraneko-kuro:20171017102848j:image

マンスリーページは2017年の12月から2019年3月まで使えます。

f:id:kijitoraneko-kuro:20171017102927j:image

ウィークリーページは11/27より使えます。

f:id:kijitoraneko-kuro:20171017103439j:image 

ノートは32ページ。

f:id:kijitoraneko-kuro:20171017115422j:image

その他、路線図と年齢早見表が付いてます。

 

 

 

私が気に入ったポイント

  • A5サイズ
  • フォント
  • シンプルさ
  • 方眼
  • 年間カレンダーからウィークリーまでの流れ

1つずつ見ていきます。

 

A5サイズ

私は去年までB6のマンスリーとウィークリーがバーチカルの手帳を使っていたんですが、今年は育児に専念するためB6マンスリーのみの手帳に変更したんですが、書き込むスペースがなくてとても使い辛かったんです。

そしてA5マンスリー手帳を買い直すハメに。

A5サイズって使いやすいというのを実感したので、来年使う手帳のサイズはA5サイズと決めていました。

リスティはA5変形サイズ。

大きすぎもせず、書き込むスペースも広くてgood。

 

フォント

リスティの自己主張し過ぎないフォント、個人的に好きなんですよ。

f:id:kijitoraneko-kuro:20171017104537j:image

主張し過ぎず、でもわかりやすい。

 

シンプルさ

リスティはマンスリーに六曜と月の満ち欠けの新月・上弦・満月・下弦のみ印刷されており、祝祭日と日曜日のみ赤字で印字されています。

このシンプルさが好き。

 

方眼

私は無地だとまっすぐに書けない不器用な女です。

そして、まっすぐに書けないとちょっと不満。

わがままかよ。

なので、横罫や方眼といったガイドラインがあるとまっすぐにうまく書けます。

横罫よりも方眼の方が囲み線など書きやすいので好きです。

 

年間カレンダーからウィークリーまでの流れ

私の手帳の使い方のベースは藤沢優月さんの手帳術をベースに、さとうめぐみさんの「手帳セラピー」も取り入れて使っています。

(私の手帳の使い方の詳細は後日記事にしようと思います。)

 

夢をかなえる人の手帳術 最新版

夢をかなえる人の手帳術 最新版

 

 

願いをかなえる「手帳術」―365日を、今よりもっと楽しく! (王様文庫)

願いをかなえる「手帳術」―365日を、今よりもっと楽しく! (王様文庫)

 

 

 

これは藤沢優月さんの手帳術から採用している使い方なのですが、私は手帳を買うと、四年分とかあるカレンダーに2018年は◯歳という感じで自分と家族の年齢を書き込み、この歳にはこうなっていたいなーというゆるい目標と、その年にある車検だったり入学式などの予定を書き込んでいます。

大まかな目安にするためです。

1年の年間のカレンダーで、大体の連休や子供達の休みなどをチェック。

そしてマンスリーでその月の大まかな流れを把握して、ウィークリーで毎日の細かい予定や目標を確認し、書き込んでいくという使い方をしたいので、この年間カレンダーからウィークリーまでの流れはとても都合がいい。

 

 

まとめ

今年はウィークリーで細かい予定や目標なんかを確認できなかったからスケジュール忘れが多かったり漫然と過ごしてしまったのかもしれない。

昨年12月に赤ちゃんが生まれ、「育児中なんて予定が立たない」と思い、マンスリーのみにしたのが失敗でした。

来年はこの手帳と共に飛躍し、素敵な1年にします!

 

スポンサーリンク